【和訳】Jack Gallagher氏 3.21

皆さま、いかがお過ごしでしょうか。


0321bansen (6)


昨日は、たくさんの方に私の恋心を聞いていただき、
私だけじゃない、
こんなふうに思うのは一人だけじゃないのかもしれない
と思えてなんだか嬉しかったです。
ありがとうございました。

でも、ちょっと待った!

わたし、羽生くんに恋してるの?

ん??んんん???

まー、そーかもしんないけどさーーーー
(←なぜか強がってみる・・)

たまに、すんごく恋しくなっちゃうんだけど、

いろんな意味で反動がでかそうなんで、
自己防衛的に、
私の中では、

「愛」だと思ってます。

正直、春~夏にかけて、
リスフランさんのことで音沙汰のない数か月、
「生きていてくれさえすればいい」
そこまで想っていた時期もあったからね・・・(:_;)
こりゃ愛までいっちゃったな、と。

でも、こうして今、応援できること自体に、
羽生くんを守ってくれた体に、
羽生くんを氷上に戻してくれたスケートの神様に、
感謝しなきゃいけない。

それと、不思議なんだけど、
応援してると、
羽生くんと通じてる感じがするんだよね。。

たぶん、羽生くんて第6感だか第7感だか、
普通のひとが持っていないナニカを持ってる気がする。

直接的には、
羽生くんが、演技前も、
「ありがとう」
演技後も、
「ありがとうございます」って
態度や言葉で示してくれるとき、

キスクラ感謝gif3

そして、「チーム羽生」って言ってくれたとき、

imb_337ECA2B-CC91-47C3-965D-F2F9D04344C5.gif

その中に、
自分が含まれていることの
嬉しさのようなものを感じるのも、
あぁ愛だなぁなんて思うのです。

皆さんとこの時代に生き、
同じ人を好きになった偶然を大切に、
一緒に応援して行けたらうれしいです。

imb_9638F92F-4380-4EDF-966B-D44A6EDB9360.gif





さてさて、今日は、ここからが本題です。
昨夜飛び込んできたジャックギャラガーさんの記事を、
サブリんが速攻で訳してくれました!


以下は、和訳となります。
フィギュアスケートを考えるとても面白い記事です。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★


WorldJuniorJackGallagherIMG_8144.jpg 


Flawed system cost Honda second world junior title

英語原文は→こちらから

欠陥のある採点システムが本田の二連覇を犠牲にした

Jack Gallagher          2017年3月21日


本田は最高の演技を最後に取っていた。


世界ジュニア女王としての重圧を認めている困難なシーズンを、土曜日、台北で行われた世界ジュニア選手権でアリーナ・ザキトワに次いで銀メダルを獲得する2つの見事なプログラムで答えた。

本田は日本人初の世界ジュニア二連覇を試みたが、7点足りなかった。そうする事で、その年世界ジュニア女王(2005年)、次の年二位(2006年キム・ユナに次いで)だった浅田真央に順じた。

15歳の本田がコーチ/振付師のマリーナ・ズエワと作業するためにArctic Edge Ice Arenaを訪れたのはショートとフリーに自信として表れた。

京都出身の彼女は、ショート、フリー、総合で自己ベストを叩き出したものの二位に終わった。しかし、順位は彼女が観客やジャッジに投影し、無限の可能性をみせた印象に比べたら重要ではない。

本田のフリースケート「ロミオとジュリエット」はまさに壮大であった。7つのトリプルジャンプを着氷し、スピン、ステップともにレベル4だった。

WorldJuniorJackGallagherIMG_8136.jpg 

どれほどすごい事なのか?

ここに、伝説的なフィギュア評論家Phill HershのFaceBookに寄せた評がある。
「すっかり魅了された。今シーズン通して見て来た中で1番美しいスケートだった。途切れず、流れのあるジャンプ、氷上を駆け抜けるスピード、天空のようだ。彼女の演技構成点は果てし無く低すぎ、結果、素晴らしい(すごいジャンプ)けれども洗練さには劣るアリーナ・ザキトワに次いで総合で二位(フリーでも)に終わった。僕はとても魅了されて、何度も何度も何度も何度も見たよ。」

本田は多くの観客よりも(沈むことなく)冷静だった。

「先シーズンより今シーズンの方が良い演技ができたと思います。」本田はフリーの後に語ったとISUのウェブサイトが引用した。「でも、結果とパフォーマンスをまだ残念に思います。練習で今日のようなノーミスは5回ほどしかできていませんでした。なので、今日よく出来たことは驚きです。」

WorldJuniorJackGallagherIMG_8131.jpg 

本田にとって連覇できなかったことは辛いことかもしれないが、ジャッジによるプロトコルは違う話をしている。9人いるジャッジから、ショートもフリーでも、1つもマイナスGOE評価がないのだ。これは素晴らしい偉業だ。

全日本ジュニア女王の坂本花織は銅メダルを獲得し、腰を負傷中の白岩優奈は5位に終わった。

「2年前なら今回の演技で優勝できた。」坂本はフリーの「カラーパープル」演技後に語った。「今年は試合での全てのレベルが高い。だから何1つミスはできなかった。自分のパフォーマンスと、ミスがなかった事に満足しています。」

WorldJuniorJackGallagherIMG_8143.jpg 

ザキトワにとって、印象的なシーズンは勝利に終わった。しかしIceTimeはこのような達成は手放しで喜べない。彼女はルールを手に取り、両方のプログラムで全てのジャンプを後半に跳ぶことで点を稼いだ

ザキトワのフリー「ドン・キホーテ」を見た後、彼女がジャンプに入る前が永遠のようで、テクニカルに重きを置いたバランスのプログラムに、何かが足りないと感じた。なんだか作り物のように感じた。

スケートが、スポーツと芸術の融合だと描写するならば、次から次へとジャンプし、プログラムの質を落とすのはスケーターにとって正しいことなのか

IceTime は、匿名を希望するある国際的なコーチにザキトワをどうみるか聞いた

「後半に全て詰め込むのはリスクがある。1つをミスしたら疲れてくる、追いつくために体力をまた使う。プログラム全体がほつれ、バランスを失う。」

今のシステムが後半にジャンプを詰め込む特定の選手に良いのか具体的に語った。

「もし後半が成功するなら、とてもすごいアスリートということだろう。そこに、演技構成点に影響するエレメンツがあるが、それはジャッジの裁量に任される。スポーツ的な見方ならコンセプトは正しいだろう。芸術的な見地からはバランスに欠けている。」

WorldJuniorJackGallagherIMG_8140.jpg 

「挑戦する美学は主観的だが、プログラム後半の利益は主観ではない。客観だ。そういった観点から、誰かが『そんなのアンバランスだ。こうした方が美しい。』と疑問を呈することを理解するし、否定できない。」

「一方で、客観的に言わなければならない。『でも、後半に全てのエレメンツを入れることは、1つもミスしたくないのだから、肉体的にも精神的にも大変なことだ』。1つミスしたらもうミスは許されないのだ。」

「プログラム全体にエレメンツをちりばめたら、ミスしても元の軌道に戻る時間があるが、後半に詰め込んだら元の軌道に戻る時間はない。」

このコーチは今の採点システムが本田のタイトル連覇の努力にマイナスに影響していることを認めた。

WorldJuniorJackGallagherIMG_8130.jpg 

本田真凜がザキトワに比べて美しさで優っている事に疑問の余地はない。それを言うなら、ザキトワは器用だ。彼女は素晴らしいパフォーマーであり素晴らしいアスリートだ。」

「しかし、本田真凜は自然で純粋な美があり、曲に敏感であり、ザキトワには無いものをもっている。ザキトワがこれに対峙し、勝つには、技術を武器にするしかない。

このコーチは今の採点システムの良いところを述べた。

「このシステムは全てを美しくはしていない。アスリートの持つ強みを有利に使えるシステムだ。真凜にとっては、彼女はプログラム全体を使って繊細な美を表現できる一方、ザキトワのように短時間にジャンプを詰め込むことはできない。」

私は、自分の強みを知り、自分の弱みを知り、それを戦略としてどうプログラムに組み込んでいくか評価するという事実が好きだ。素のスケーティングの美を期待している人にとってはエンターテイメント性にかけるかもしれない。しかし、どんなスポーツでも、サッカーでも、野球でも、なんでも、戦略こそが功を奏す。」

システムにおけるバランスを理解し重んずる間、IceTimeは、ISU今のシステムを見直し、ショートでは少なくとも1つのジャンプを、フリーでは少なくとも2つのジャンプを前半に入れるようスケーターに求める必要があると信じる

ベストセラー作家、野口美惠もIceTime と同じ様に見ている。

「後半に全てのジャンプを入れるのは、単なるテクニカルの挑戦だ。だけど私はフィギュアスケートは芸術とスポーツの2つの面があると思っている。」

「スケーターは両面をうまく分散させようとする、それが理想だ。」

「ザキトワのスケーティングはとても遅く、流れがない。ジャンプの周りの多すぎるトランジションに左右されている。」
 
[完]

★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
サブリん、興味深い記事を翻訳してくれてありがとう(*^▽^*)
 

ルールと戦略、
スポーツと芸術、
フィギュアスケートの面白さ、深さを
改めて垣間見るような記事でしたね。
 
 
 ワールド番宣2G
 
 
ワールド番宣1G
 
 
 
羽生くん、週末にはヘルシンキ入りするのかしら。

もう間もなくですね♡
みんなで最強の愛を羽生くんに送ろうね!


ますます、世界選手権が楽しみになってきました、このお写真素敵よね♡という方もポチッとお願いします!

最後までお読みいただきありがとうございました。


〇情報コーナー(3/20更新)はこちらから
〇初めましてのみなさまへ、記事はこちらから
 
(筆者=あいきょ、翻訳=サブリナ)

10 Comments

yh-1128  

初コメです。

こんにちは。
翻訳記事、興味深く読ませていただきました。ありがとうございます。
プログラムの芸術性が軽んじられ、技術重視になっているけれど、競技なので致し方ないという趣旨でしょうか。
記事を読んでの感想ですが・・
もし、ザギトワがジャンプを後半にかためず、バランス良く要素を配置したら勝てるのでしょうか?より安定感が増してジャンプの質もさらに上がるでしょうし、表現力も豊かになるかもしれません。そうなるとますます勝てなくなります。
ザギトワはスピードが足りないとありましたが、おそらく他の選手達のように繋ぎを減らせばスピードを落とさずジャンプを跳ぶことは簡単にできるのではないかと思います。逆にザギトワのようにジャンプを跳べる選手はジュニアにはいません。
羽生くんと同じで本当に難しいことをさらっとやっている。
表現力や芸術性の評価は好みの問題なので難しいですね。私は選手にはそれぞれ個性があり、真凜ちゃんもザギトワも素晴らしいと思いました。
二人の年齢から考えたら、表現力も芸術性も十分ある。そして何よりメンタルが強いです。
真凜ちゃんには是非とも3Lzを鉄板にしてもらって、シニアでの活躍を期待しています。



2017/03/22 (Wed) 11:48 | REPLY |   

サブリナ  

yh-1128さま♪

初コメありがとうございます😊
読んでいただけて、こうしてコメントもいただけてとても嬉しいです。

ジャックさんは現行のルールの欠陥を指摘してますよね。ルールは毎年少しずつ変わるもので、後半ボーナスも確かバンクーバー五輪以降のルールですよね?あの頃は前半にジャンプを詰め込む選手が多いために後半ボーナスを設けたと理解しています。まさか後半に全て詰め込む選手が出てくるとはあの頃は予想していなかったのでしょう。ジャンプを散りばめさせるためのルール改正が、今度は得点を増やすためのツールになった今、またジャンプを散りばめさせるために変更するのも理にかなっていると私は思います。これは選手達の表現力を言っているのではなく、フィギュアスケートってどうあるべきなのかを問うているのだと私は感じました。すごく難しくて、正解があるのかすらわからない事だからこそ、問題提起をし、ルールも変化し続けるのかなと思います。

ちなみに私はザキトワちゃんのエキシビを見て、ザキトワちゃんのファンになりましたよー。(お顔が好きだし、ぶっちゃけ眉毛の形がツボ。オィッ💦)
本人が語った通り、試合ではコーチに振り付けられたまま後半にジャンプをかんばって跳んでいるので彼女のキャラクターの魅力はエキシビにこそ現れていると感じました。

ザキトワちゃんも真凜ちゃんも素晴らしい才能の持ち主。今後がますます楽しみですね〜♪

2017/03/22 (Wed) 13:19 | EDIT | REPLY |   

あいきょ  

お昼休みで~す

ポチ、拍手、コメントありがとうございます。

☆yh-1128様
はじめまして!
コメントじっくり読ませていただきました~~(^^♪
それぞれの長所を現行のルールの中で、「勝つ」戦略をいかに立てて試合で実行できるか、ジュニアの女子・男子も高度化が進みますます面白い競技になりつつありますよね。フィギュアが、TESとPCSの採点競技だからこそ、得点制にないファジーさがある、そのために疑問すらも抱くときもあるけど、今回のように全力を出し切ったときの結果では、解説者それぞれに好みや考えが違ってくるのも、この世界の面白みなんだと感じています(個人的にはザキトワちゃんがもっと褒められても良いかなと思った記事ではありましたが。まあ論点がそこではない記事なので)。
二度と同じ試合はない、たらればのない世界で、各選手が今後どんな戦略をたて強くなる過程をみていくのも楽しいですね。
「紡」では、どーしよーもない記事を書いたりもしてますが、また遊びにきてください(^.^)/~~~
コメントうれしかったです、ありがとうございます。

2017/03/22 (Wed) 14:28 | EDIT | REPLY |   

エール  

こんにちは^o^

サブちゃん、翻訳ありがとう〜〜♡
こういう興味深い記事を知る事が出来て嬉しい。
いつも、ほんとにほんとに感謝です。
コメント欄も、これまた深〜〜くて興味深いです。
体操の採点方式も似てるところがあるけど、フィギュアスケートもTESとPCSのトータルでの得点。観ている人それぞれに感じ方が違うから、難しいよね。
極端な事を言えば、同じプログラムでもジャッジが変われば得点も変わる。。。ぐらいの勢いだよね⁉︎
これって、み〜〜んなが納得出来るようなシステムを作る事は果して可能なの❓❓❓(;^_^A
そういえば、「誰が見ても素晴らしいって思ってもらえる演技をすればいい」、、、と、確か前に、あのお方がおっしゃっていましたっけ。。。
うん、そうだね、その通りだよ。。
そしてあなたはその言葉通りの演技をして、世界最高得点を何度も塗り替えたよね。

個人的な意見を言わせていただくと、私は最初から最後まで目が離せない…そんな、まさに引き込まれる演技が好きです。
まるでジャンプ大会を見てるようなプログラムより、ジャンプ以外の部分でも魅せてくれるプログラムが好き。
この記事にある世界ジュニアでも、ザキトワちゃんより真凜ちゃんの演技のほうが断然好き。
でも、あくまでも勝負の世界だから、勝敗を考えると本当に色々難しいね。
特にこんなに進化しちゃった今の時代では、、、;^_^A

でもだからこそ、これからそれぞれの選手がどんなふうに戦っていくのか、本当に楽しみです✨
うん、まぁ、ちょっとコワイな、、、という気持ちもゼロではないけど、、、(笑)
勝手なこと色々書いちゃいましたが、あくまでも私個人の意見なので……。
もし気を悪くされた方がいらっしゃったらごめんなさい🙏

どの選手も目指すところは同じ☆
そのために試行錯誤を繰り返して頑張ってるんだよね。
みんなみんな、ほんとにすごい!!
どの試合もみんなが全力を出し切れるといいね☆彡
もちろんいつだって、いっちば〜〜ん!!は結弦くんでね(*˘︶˘*).。.:*♡
・・・・・って、結局最後はこうなっちゃう(笑)


あいきょちゃん、サブちゃん、いつも素敵な記事をありがとう♡

2017/03/22 (Wed) 17:38 | EDIT | REPLY |   

サブリナ  

エールちゃん♪
コメありがとう。
ほんと、みんなが納得のシステムは無理なんじゃないかなぁと思うよね。選手の戦略も刻々と変わるから、どうしてもシステムは後手に回るよね。と言うか、システムに欠陥があると思わせる選手達が凄いって事なんだと思う。私もね、真凜ちゃんの演技には引き込まれて、あっと言う間に終わった気がしたの。まぁ日本人だし、ザキトワちゃんより身近に感じている贔屓目もあるかもしれないけど。だからと言って、ザキトワちゃんが勝つのはおかしいとは思わない。やっぱりあれだけの事をクリーンにやられちゃうとさ、、、。もうさ、みんなすごいよね。
ほんと、今回のジュニアみたいに、セセンではみんなが最高の演技をしてほしい。そして、もちろん、勝つのは羽生君だ!!

エールちゃん、いつもありがとう😊

2017/03/22 (Wed) 23:20 | EDIT | REPLY |   

花  

サブちゃん、あいきょちゃん、みなさん、こんばんは〜♫

サブちゃん、長い長い和訳ありがとう。
ちょっと専門的な内容だったので、ど素人の私がコメントするのはどうかしら〜💦
とりあえず、世界ジュニアを見た感想のようなものを書きますね。

ザギトワちゃん、とても良い演技だったと思います。もちろん真凜ちゃんも流れるような演技でこれまた素敵だった。
でも、ザギトワちゃんの演技が真凜ちゃんに劣るとは思わなかったよ。
ひとつひとつのポーズもちゃんとしていたし、最近のロシア女子選手がやたらとやるタノジャンプ(あまり美しい形とは思えない)も、手がスッと伸びていて違和感なく綺麗に見えましたし。
羽生くんがプレカンで話していた事を思い出しました。
「僕たち選手は今あるルールの中でできる事を一生懸命練習しています。」
「いろんなタイプの選手がいて、それぞれが切磋琢磨してやっている。だから楽しい。」
(記憶違いならごめんなさい)
いろいろ意見があるけれど、私は羽生くんの言葉が1番好き💓
それで良いと思う。
ザギトワちゃんも、真凜ちゃんも、他のたくさんの選手も、今あるルールの中で、今できる精一杯の事をやるだけなんだよね。
審判やジャッジに主観的なものが入るのはフィギュアに限らず、スキージャンプだって、スノボだって、時にはサッカーでもあると思う。
でも、それを理解した上で、またみんな高みを目指して頑張っているんですよね。
真凜ちゃんもザギトワちゃんもまだまだ若い。これからも頑張って欲しいな。

話が今日の内容と違ってしまいました。すみません💦
でも、改めて羽生くんの言葉の素晴らしさに今日も好きレベルが上がりました😍😍😍

サブちゃん、あいきょちゃん、ありがとね。

2017/03/22 (Wed) 23:58 | EDIT | REPLY |   

ゴ―ルド  

こんばんはにゅ〜(*^^*)

あいきょん、サブりん、皆さん、こんばんは(^^)

サブりん、興味深い翻訳、ありがとう
真凛ちゃん、パ―フェクトな演技だったね
それに、すごく華のある選手だと思う。
インタビューの受け答えもgood‼
これからが楽しみ(*^^*)

ザギトワちゃんは、ただただ凄い!
あの若さであの演技、シニアのようだった

切磋琢磨してがんばれー!

とっても眠いのでこれにて…

☆すまいり―
お声かけ、ありがとう(*^^*)
まぁ、いろんな意味で忙しかった(笑
今も、その余波はあるけど…

2017/03/23 (Thu) 02:27 | EDIT | REPLY |   

ふた葉  

ちょっと~、ポムポムプリンのザギトワちゃんをいじめないで~。↓参考画像
https://www.instagram.com/p/BN2kWzvg4mZ/

冗談はさておき、またまた大作の翻訳ありがとうございました。
まず、今日の記事の趣旨、ルールと戦略、スポーツと芸術、ということについて私の勝手に思うところは。
後半1.1倍ルール(導入は、フリー:2004年ごろから徐々に。ショート:2012-13シーズン)……いまのところ全部後半にできる人は数少ないので、このままのルールで構わないんじゃないかと思います。それでプログラムのバランスが良くないと判断されれば、PCSのほうでそういう評価が加味されると思うので。将来多くの人ができるようになっちゃった場合に備えて制限するなら、後半1.1倍になるのは〇本までとか、後半4回転のみ1.1倍とか? でもこういう大きな変更はオリンピック終わるまでしないはず。

タノ……ギャラガーさんはこれに対しては何もおっしゃってないんですが、個人的にはタノの連発は何とかしてほしい気がする。あまりきれいじゃなくても加点すごいし~。どんな3回転にもタノつけられるほどの力があるなら、3Aや4回転に挑戦してほしいと思ってしまいます。

真凜ちゃんとメドベは4S練習してるという話ですよね。平昌に向けて、ザギトワのジャンプ構成&後半固め打ちに対抗するには、そういう戦略になるんでしょうか。でもザギトワとメドベは同門なんですよね。複雑だよね~。どうするんだろ? 

で、ギャラガーさんの記事そのものの感想だけど。この方って普通のマスコミが書かないようなこと書いたり、海外のコーチとかから直接話を聞いてきたり、部分的にはおもしろいんだけど、、、、、、以下略。(念のためにいうと、私も真凜ちゃんの大ファンなんですよ!)野口さんは「Ice Timeと同じように見ている」って書かれちゃってますが、大丈夫なんでしょうか^^;

以下略と言いながら1点だけ。
>本田にとって連覇できなかったことは辛いことかもしれないが、ジャッジによるプロトコルは違う話をしている。9人いるジャッジから、ショートもフリーでも、1つもマイナスGOE評価がないのだ。これは素晴らしい偉業だ。
…とギャラガーさんは書いていらっしゃいますが、この大会では上位3人(ザギトワ、本田、坂本)が、SP、FSとも1つもマイナスGOE評価がないんです。3人とも素晴らしい偉業だったんですよ。

2017世界ジュニア女子SPプロトコル 
http://www.isuresults.com/results/season1617/wjc2017/wjc2017_JuniorLadies_SP_Scores.pdf
FSプロトコル
http://www.isuresults.com/results/season1617/wjc2017/wjc2017_JuniorLadies_FS_Scores.pdf

2017/03/23 (Thu) 02:52 | EDIT | REPLY |   

ふた葉  

No title

☆河北新報「羽生結弦ら記念碑催し 定員800人に1万2000通」
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201703/20170322_13032.html

☆フィギュアスケートモニュメント除幕式・記念イベント ↓のチャネルで生配信
https://youtu.be/pzqggpztXG0
……あと24日。カウントダウンが始まってます

生配信注意事項
http://www.scs-sendai.jp/uploads/img/files/monyumentyoutubekokuti.pdf
>【記念イベント】 4月16日(日)14時30分~15時30分 LIVE配信
録画・録音・二次使用禁止。後日録画配信もなし

☆FaOI幕張 ぴあ先行抽選
受付期間:3月25日(土) 11:00~30日(木) 11:00
http://ticket.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=1705852&rlsCd=&lotRlsCd=39177

2017/03/23 (Thu) 03:05 | EDIT | REPLY |   

サブリナ  

花ちゃん♪
コメントありがとう。
うんうん。選手は今の様にガンガン戦略練っていろんなことに挑戦していって欲しいよね。紀平りかちゃんが4T(回転不足だけど)着氷したと言うニュースも入ってきたし!

ゴールドちゃん♪
お疲れ様ー!まだまだ忙しい中、コメントありがとー!切磋琢磨だねー。先日やっと日本で放送された世界ジュニア観れたんたんだけど、表彰式の前に真凜ちゃんがザキトワちゃんに後ろから抱きついて甘えてる映像を見て、なんかすごくいいなぁって思った。

ふた葉さん♪
でたポムポムプリン!プーさんの写真じゃなくて安心しました。(笑)
わたし、この時ジュニア見てなかったから、誰これ?状態で、ザキトワちゃんともう1人ロシアの子の見分けつかないし、、、(笑)。いまはザキトワちゃん、しっかり頭に入りました!
で、ふた葉さんの見解。そうそう。このPCSに加味されればいいと言うの、賛成なんですが、特に男子はトップ選手がみんな95点前後で、、、なんか、差が出来にくい気が、、、1番よくわからないところなんでなんとも言え無いのですが、、、。GOEも変わるし、PCSもそろそろ限界に近いのかなぁなんて、、、。
情報助かります!仙台のイベント、すごっ!倍率がすごいことにー!!

2017/03/23 (Thu) 05:51 | EDIT | REPLY |   

Post a comment