【和訳記事】マグさん Yuzuru Hanyu : Pressure and Expectations

皆さま、ごきげんいかがですか?



今日は、サブリんがマグさんの記事を

和訳をしてくれたので、

ありがたくシェアしていきましょう!



・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆・‥…━━━☆


ユヅル・ハニュー : 重圧と期待

 <https://sportymags.wordpress.com/2017/07/01/yuzuru-hanyu-pressure-and-expectations/>

 

 

 

ユヅル・ハニュー : 重圧と期待


 2017-07-03 (1)

 

 

さぁ、オリンピックシーズンです。


それよりいいものってないでしょう?


アマチュアスポーツを追っているファンなら、オリンピックは特別!


アマチュアスポーツの頂点。


国歌を聴いている首には

金メダルがさがっている、

というゴールを目指して

毎日毎日、何年も練習している。

 

その試合のために何年も練習して、

 

本番は10秒にも満たずに終わってしまう

100M走を想像してみて。

 

すごい献身だ。


2017-07-01 (7)

 

幸運なことに、

 

男子シングルのフィギュアスケートではもう少し時間がある。

 

全部で7分30秒くらい(SP2分50秒、LP4分30秒)。

 

それでもすぐに終わってしまう。

 

数億円稼ぐプロの選手であっても感じ方同じだ。

 

 

 

ー長いので中略ー

 

 

 

(カナダのアイスホッケーチームがオリンピックで金メダルだけを期待されたこと、カナダではテレビ放映に合わせてパブなどでお酒が飲める時間がオリンピック期間は延長されたことなど、国を挙げてオリンピックが大注目され、金メダル以外は問題外と思われていることの重圧について書かれた後、フィギュアスケートの話に入ります。)

 

 2017-07-03 (4)

 

それって日本のフィギュアスケートが置かれた状況に似ていない??

 

 

2014年にソチでユヅが金メダルを取って以降、

彼の国、スケート連盟、

そして彼自身によっておかれた重圧と期待は

気違いなほど巨大になった。

非現実的なことは言わなかったことをわかって。

ユヅが2018年に金メダルを勝ち取ることは非常に現実的だ。

 

 

ユヅには彼をサポートするブライアンとチームが居る一方、

 

氷上では失敗しようがもたれかかるチームメイトは居ない。

 

多くの選手はこのような重圧や期待に

 

押しつぶされてしまうかもしれないが、

 

ユヅはソチからこの五輪シーズンまでの間の3シーズン、

 

勝利と敗北の両方を優雅さと威厳を保ちながらこなしてきた。

 

  

 2017-07-03.png

 

五輪シーズンに入るにあたり、

 

 

ユヅはオリンピック優勝の第一候補だ。

 

これは新しくもなんともないニュースだ。

もちろん、メディアは誰が候補か下馬評を出してくるだろうし、

シーズンが進むにつれて彼らは意見をころころ変えるだろう。

だが、私はユヅに賭け続けるだろう。

 

日本は五輪の表彰台に二人乗ることが可能な幸運なポジションにいる。

ユヅが勝つか負けるかにかかわらず、

彼のファンは彼を応援し続けるだろうし、

ネット上でもこの狂気は同じだろう。

想像するに、

スポットライトとメディアのユヅに対する注目度は

窒息せんばかりになるだろう。

 

優勝を望まれる人にはいつでも余計な重圧がかかる。

アスリートは皆ベストを尽くしたいと思い、

それが重圧となる。

私は重圧と期待には三段階あると思う。

 

2017-07-03 (2)

 

1.オリンピックでうまく滑ることを夢見るスケーター。

それはメダル候補にはならないが、もし自己ベストを出せたらその人自身のオリンピックモーメントとなる。一生自分をオリンピアンと呼べるカッコイイ称号を得る。上手くやることと、自分の目標を達成すること以外の重圧はない。国の代表としてプライドを持って臨むことと素敵なオリンピックの思い出を作ることを期待される。

 

2.オリンピックの表彰台、もしできたら一番上を狙う競技者。

優勝することを期待されていないから、彼らには重圧は少なめだが、よい演技をすることを期待される。これは大きな違いだ。

 

*パトリックはすでにオリンピック銀メダルと複数の世界チャンピオンの称号を持っている一方、優勝候補ではないから今回はそれほどの重圧はかかっていない。

2014年ソチでは優勝候補として巨大な重圧が彼の肩にかかっていた。それは皆が知っている話だ。

今回はパトリックは彼のために、彼の自己実現のために滑るが、ただ彼を候補から外してはいけない。少ない重圧、少ない期待の中でこそ、パトリックは2つのノーミス演技を揃えるチャンスなのかもしれない。そうあってほしいと思う。そうすれば彼はキャリアを衝撃的に終えることができる。

 

*ハビは前世界チャンピオンだが、まったく重圧を感じない。彼は優勝候補ではないし、まったくメディアにさらされることもない。彼はスケート好きな国出身ではないから、もしハビが上手くやったら国は喜ぶけど、ダメでも気にされない。より若いスケーターがスポットライトを浴びるとき、ハビに勝ってほしいという期待はない。彼はダークホースになる。

 

*ネイサン、しょうま、ボーヤンはみな若手の競争者としてこのグループに属するだろう。彼らは皆最終結果をひっくり返す素質を持っているから、それぞれの国や連盟からの重圧は少なからずあるだろう。しかし、みながみな、誰一人としてまだ最高の頂き(五輪、世界選手権、GPFすら)には達していない。彼らには金メダルの期待はない。彼らは輝くスケートをして、イベントの華になる機会がある。うらやましい立ち位置だ。

 

3.現オリンピックチャンピオン、現世界チャンピオン、全ての男子シングルの(SP、LP、総合)現世界記録保持者にとっては全てが異なる話だ。

最近のスケーターでこんな重圧に面していると言えるスケーターはいない。

ユヅが扱っているのは男子フィギュアで前例のないことだ。ユヅが勝つ、それが期待されることだ。国中の重りがユヅの肩に乗っている。このような重圧と期待は100ポンドの重りを背負い、それでも空中に跳んで複数の四回転を降りようとしているようなものだ。ユヅが(体力的にも技術的にも)四回転に長けていて良かった!

 



正直に。

ユヅは金色以外の色には喜ばないだろう。

もしユヅが金を取れなかったら、

彼は丁寧に、誠実に、

品の良さをどっさり見せてくれるだろう。

なぜならそれが彼だから。

ユヅはメディアから集中砲火を浴び、

突き刺さる落胆を隠して勇敢な顔を向けさせられるのだ。

そんなことをしなくていいように祈ろう。

それよりも喜びの涙をみたいから。

 

2017-07-03 (6)

 

私たちが知っているのは、

追われるより追う方が楽ということ。

ユヅは知っている。

ユヅの過去の世界選手権の記録を見れば、

ユヅが追っている時の方が強いことがわかる。

 

2012:ユヅはSPで7位、そして総合で3位(銅メダル)

2013:ユヅはSPで9位、そして総合で4位

2014:ユヅはSPで3位、そして総合で1位(金メダル)

2015:ユヅはSPで1位、そして総合で2位(銀メダル)

2016:ユヅはSPで1位、そして総合で2位(銀メダル)

・2017:ユヅはSPで5位、そして総合で1位(金メダル)


 2017-07-03 (3)


2014年オリンピックでは、

ユヅはSPで1位、

そしてLPでも勝った。

 

 

だから、基本的には、五輪のスポットライトの重圧の中でベストだったスケーターが

新しいオリンピックチャンピオンとなる。

ユヅが過去3シーズンで得たものは、逆境を前にしても、

もし彼自身を信じることができれば、

ブライアンが言うように「彼の練習を信じる」ことができれば、

まだトップに行けるという経験だ。

彼はまた、過去の五輪でショートで勝てばそのまま勝てるという経験もしている。



ユヅは過去3年間で人間的にも成長した。

SPとLP両方で世界記録を更新した際に、

毎回ノーミスできるし、

しなければいけないと考え始めていたと言った。

 

 

この新しい期待は

ノーミスを毎回というのは非現実的だとわかる

ユヅの良い学びになった。

 

勝ち、負け、ケガ、つらいリハビリ、

この3シーズンにユヅに起きた全てのことは、

彼がこれから対峙するこの巨大なプレッシャーをうまくこなすためのピースであり、

午前中に滑らなければならないという珍しいタイムスケジュールという余計なストレスを含め、

迎えるシーズンで彼の道をふさぐものは何もないだろう。

 

もしユヅがオリンピックで優勝したら、

またメディアのリクエストと登壇リクエストが相次ぐだろう。

重圧は去っても期待は残る。

彼に休みはないだろうが、少なくとも彼はすでに経験していて、

彼に降りかかる狂気をうまく取り扱えるだろう。

 

ユヅの置かれた状況にうらやみはしないが、

彼の能力に自信があるし、

彼の熱意とここぞというときに魔法のような

パフォーマンスをする能力に自信がある。

さあ、シーズンを迎えよう!

 

2017-07-03 (5)


Go Yuzu Go!! Doki Doki!!



マグさん、素敵な記事をありがとうございます
サブリん、和訳をありがとう!
 
 
 
充実の練習、日々をすごしていますように、ポチッとお願いします!

情報コーナー(7/1更新)は こちらから
(和訳: サブリナ)

ブログをアップできない日は、ツイで呟くこともあります
★あいきょ http://twitter.com/ailoveyuzu82 
 

14 Comments

ななちゃん ぐっときます  

あいきょさん
サブリナさん
みなさん
こんにちは

サブリナさん
和訳ありがとう。なんというか・・・胸に詰まってしまって・・・。
わかってはいるけど、こうして文字として読むと、改めて羽生くんにかかっている重圧がわかるというか、考えさせられます。どれほどの期待を背負っているか、それをふまえた上でこのオリンピックシーズンへ乗り込んできた・・・。どれほどの精神力なのか・・・想像するだけで頭が下がります。どうしたらそんなにメンタル強くなれるの?誰だって聞きたくなるよね。ななちゃんは何かあるとすぐ凹むへたれだし・・・羽生くんに合わせる顔がないわ。反省しきり。

持って生まれた恵まれた容姿、才能、たゆまぬ努力、そしてなんといってもその心意気!期待されるのは仕方ない立ち位置にいて、なおかつおごることなく謙虚にまっすぐに生きる羽生くん。好きだわ・・・惚れるわ、やっぱ。不謹慎でもグッときちゃう。
誠実に応援したい。そうじゃなきゃ恥ずかしいもの。

責任も、かかる期待も全て力に変えて、自分の中へ吸収して、さらに強くなって欲しい。
その首に 金色の輝きが誇らしげにかけられる時を信じて。

サブリナさん
素敵な記事、載せてくれてありがとう。羽生くんの応援しながらも、力ももらえるよね。

2017/07/03 (Mon) 11:44 | EDIT | REPLY |   

メープル  

こんにちは♡

あいきょさん♡サブリナさん♡皆さん♡

こんにちは~(*^^*)

サブリナさん♡

翻訳ありがとうございました。

今シーズンの全力応援をするにあたって
非常に興味深い内容でした。

羽生くんにかかる期待と重圧
どうか、それにも打ち勝ち、勝ってほしいです。

私達に出来ることは、応援のみだと思うので

羽生くんが思い描く演技をして
平昌オリンピックで金メダルを獲って
表彰台の1番高い所で、笑顔で立っている
イメトレをしています。

翻訳ありがとうございました。
感謝し読ませて頂きました。

2017/07/03 (Mon) 11:55 | EDIT | REPLY |   

エール  

こんにちは^o^

あいきょちゃん、サブちゃん、素敵な記事を紹介してくれてありがとう✨
マグさん、ありがとうございます✨
そしてサブちゃん!
びっしりと長い長い英文、和訳するのはとても労力がいることだよね、本当にありがとう✨
英語も含め外国語なんてチンプンカンプンの私は、どんなにいい記事でも紹介してもらわなければ、そして訳してもらえなければ知る術もない。
いつもほんとにほんとに感謝してます✨🙏

こんなにハッキリと文字にされると、改めてゆづが背負ってるものの大きさを考えさせられるね。
もうずっとずっと前からそんな状況の中で闘ってきてるんだよね。

ここ最近、特に昨シーズン感じたことは、若手選手(やっぱりしょーまくんの印象が強いけど)の演技が難しいジャンプに挑戦しつつも、とても安定してるな…ってこと。
ゆづはノーミスを連発する選手じゃないよね。もちろんそれは、それだけ鬼構成だから…というのもあると思うけど;^_^A
でも実際、オンリンピック金メダリスト、現世界王者、GPF4連覇、その上SP、FS、総合得点全てにおいて世界最高記録保持者。。。なんだよねぇ。
すごすぎるよ。

ゆづの演技は、ノーミスだったらそれこそ世界中が震え上がるほどの感動があるけど、でもたとえミスがあっても、なんだろうな…(←ふふ♡最近口癖になりつつある)やっぱり記憶に残るんだよね。
同じプロでも毎回毎回違う。
だからこそどの瞬間も見逃したくないと思う。
あくまでも私の意見だけど、でも多分ゆづファンならみんな一緒だよね(^-^)
言葉が悪いかもしれないけど、「つまらない」と思ったことは1度もない。
あーー、ごめんなさい💦上手く言えなくて。
とにかく!!
ゆづの演技はそれだけ魅力的ってことです、うん。
まぁ今さら言うことでもないですが…(^^;;

いよいよ始まるオリンピックシーズン。
その華奢な身体にいったいどれほどの重圧と期待を背負っているのか。
そのことを考えると胸がキュン……ってなったりもするけど、それでも、それを受け止めコントロール出来る力がゆづにはあると思うから、あなたを信じて、ただただまっすぐに全力で応援するからね✨
心配性の私は、それぞれの場面でついつい一喜一憂してしまうけど、いつだって最後には、ここぞ!!という時には、一切の不安を取り除いて最高の笑顔を見せてくれるあなただから、きっと、いや絶対、大丈夫だよね .。.:*☆

最高峰の舞台に向かって挑むあなたの姿を見られること、そしてそんなあなたを、同じ想いの人たちと一緒に応援できることに、心から感謝します。
皆様よろしくお願いします*:.。.(*๓´╰╯`๓*).。.:*

あーー、ドキドキするぅーーーーー💓💓
でもとっても楽しみ!!(。>∀<。)



さあ、シーズンを迎えよう!
Go Yuzu Go!!! Doki Doki!!


今日も素敵な記事をありがとう♡

2017/07/03 (Mon) 12:55 | EDIT | REPLY |   

ロンシャン  

素晴らしい記事でした\(^o^)/。

マグさん、そして、和訳してくれたサブリん本当にありがとう!!!。心より感謝します。

マグさんが書いてくれたとおり、ソチ後のこの三年間は様々なプレッシャーやけがや病気にもさいなまれ、でもそれを一つ一つクリアし、見事に前進して来た、羽生くんの汗と涙の輝かしい歴史でもある。

オリンピックで喜びの涙を輝かしい100%の笑顔をわたしも見たい。

自分の練習を心の底から信じることさえできれば、胸には燦然と輝く金のメダルがあるに違いないと、マグさん同様わたしもそう確信しています。

彼の応援者としてわたしができること。それは、あなたを信じている、あなたも自分を信じて、あなたは唯一無二の素晴らしい人だから、と想いを遠くから送り続けること。

あいきょん&サブリん、そしてここ「紡ぐ」に集うみなさまと、羽生くんを心から応援できることを幸せに思います。

2017/07/03 (Mon) 14:08 | EDIT | REPLY |   

紫音(しおん)  

重圧をはねのけて☆彡

あいきょさん、サブリナさん、みなさま、こんにちは。

サブリナさん、ていねいな和訳、本当にありがとうございました。
とても興味深く、心にズシーンと響くような内容でした。☆彡

オリンピックシーズンに、優勝第一候補として、羽生君にかかる「重圧と期待」改めて、すごいものなのだと実感させられました。

「重圧と期待」の三段階、なるほどと思いました。
確かに、パトリックや、ハビやネイサン、昌磨、ボーヤンは、プレッシャーはあるものの、ある意味のびのびと演技ができる立場かもしれませんね。

それに引き換え、たくさんのタイトルを持ち、2度目の金を期待される羽生君の重圧はいかばかりか!

でも、確実に、羽生君は、強靭な精神力と血のにじむような練習で強くなってきている!
天性の才能に加えて、そのたゆまない努力で「ここぞというときに魔法のようなパフォーマンスをする能力」✨を発揮し、その神演技に、私たちは魅せられてきました。

そして、最近の羽生君の演技は、多少のミスがあっても美しく思える境地に到達しているような気がするのです。今は、私は、羽生君のその時々の演技を愛しく思いたいという気持ちも芽生えています。それほど、すばらしい存在✨♡

もちろん、完璧をねらう彼だから、小さなミスも許さず、今後も技を磨いていくにちがいありません。

そして、ファンとしては、ピーキングは、難しいものと思ってしまいがちですが、このように、彼の道をふさぐものは何もなく「魔法のようなパフォーマンスをする能力」✨に自信があると書いてくださっている事、とてもうれしいことです。♡

オリンピックで、羽生君の最高の演技、そしてキラキラの笑顔が見られることを願って、みなさまと共に精一杯応援していきたいと改めて思いました。

サブリナさん、すばらしい記事の和訳、感涙です。💐

♡ぷりんさん
 知子ちゃん情報、ありがとうございました。
「ミスサイゴン」以来の、さっとんファンです。
新プロ「蝶々夫人」とても楽しみです♬

2017/07/03 (Mon) 15:40 | EDIT | REPLY |   

ふた葉  

あいきょさん、サブリナさん、皆さん、こんばんは。
サブリナさん、翻訳ありがとうございます!
カナダってそんなに金メダル獲得数の多い国なんですね~。だからオーサーとかパトリックとか大変だったのかな?
羽生くんもこの1年のプレッシャーは大変だと思うけど、彼はソチ後の3年間いつもすごいプレッシャーの中試合をしてきたので、ほかの選手よりこういう状況に慣れているような気がするんですよね。
あと気になるのは、オリンピックまでどこで練習するかってこと。日本での試合が多いけど、カナダにいたほうがプレッシャーからは解放されそうだし、一長一短ですよね~。ああ、気になる!
あと、Sportymagsさんって通称マグさんなの?


ついに身長が伸びました!
☆スケート連盟 強化選手BIO更新
http://www.skatingjapan.or.jp/national/national_list.php?sports_id=2

↑より羽生選手のページ
http://www.skatingjapan.or.jp/national/detail.php?athlete_id=27

☆マイレピ更新【会員限定】 YUZURU'S プライベート前編「カナダ トロントでの生活」
https://www.myrepi.com/article

☆晴明神社ツイ 
https://twitter.com/seimeijinja/status/881610962041585664
……羽生選手の絵馬の写真はありませんが、参拝されたことが報告されています

*先日ご紹介したFaOI新潟のパンフですが、「数に限りがありますので、売り切れの際はご容赦下さい」という一文がありました。検討中の方、ご注意ください。
http://www.hmv.co.jp/fl/1/597/1/


ぷりんさんが前記事で濱田組の新プロ情報の話を振ってくださいましたが。
羽生くんの関係する情報はすごく多く、全部紹介してくださっているサイトさんもあるので、私はかいつまんで載せさせていただいてます。忙しい方が1週間分まとめて読んだり、自分が数か月前の情報を探すとき便利なように、というイメージで、なるべくコンパクトになるように心がけているつもりです。
なので他のスケーターさんの情報は全くまとめられてません(そもそもちゃんと追えてないです^^;)。そんなこんなでいろいろ漏れがありますので、皆さんの興味のある情報、話題はどんどん上げていただけたらと思います。

さっとん氷の上に戻ってきてひと安心。それにしても濱田組は4回転とか3Aとか、勇ましい話題がいっぱいでしたね~。
新プロ情報はたらさんという方がブログにとても詳細にまとめてくださっています。興味のある方は「2017-18 新プロ情報(男女シングル)」で検索してみてください(丸投げ失礼^^;)

2017/07/03 (Mon) 19:35 | EDIT | REPLY |   

あいきょ  

お読みいただいた皆さま、拍手・ポチ・コメントをいただいた皆さま、ありがとうございます。
この記事は、サブリんが夜中に訳したものを、明け方私が記事として整え予約投稿したものです。
字体が整わないのは、どうもPCのバージョンとの関係らしいので、若干読みづらい点はご容赦ください。




まずはサブリん、改めて、記事の和訳をありがとう!

気軽に頼んでしまったのを申し訳なく思うほどの長い記事だったけど、

やっぱり訳してもらって良かったです。


五輪シーズンの
幕開けとともに、とってもハニュー愛あふれるマグさんの記事。

応援するファンとしても、今一度気持ちの引き締まる、そして、もっと応援したいと思わせてくれる素敵な記事だったよね♡

ありがとう(*´▽`*)



コメントをいただいた皆さま、お返事は、またサブリんからしてもらおう♡
ありがとうございました!

2017/07/03 (Mon) 21:05 | EDIT | REPLY |   

シロップ四段  

どーも。

昨日、囲碁将棋チャンネルなるものを初めて見たミーハーシロップです。…CSって色んなチャンネルあるのね…💦

あいきょっち、サブっち、皆さま、遅ればせながら、あけましておめでとうございますm(_ _)m

今日はサブっちの和訳、ありがたく読ませていただきました。ってかサブっち、翻訳能力上がってない?? めっちゃ読みやすい!すごい労力だろうに本当にありがとー(*´³`*)

羽生くんにかかるであろうオリンピックの重圧については、私もソチ直後から度々考えてきました。
…どうしたらその重圧を軽くできるだろうか、金メダルが当然だと思われることから免れるにはどうすればいいのか、もういっその事、次のオリンピックまで雲隠れしていてくれ…等々。別に私が考えてもしょうがないんだけど色々考えてました。
でも、羽生くんは雲隠れどころか、毎年毎年何かしら注目を浴びてしまった。普通、オリンピックで活躍した選手はその後少しブームはあるものの、次のオリンピックまではそれほど注目されないことがほとんど。でも羽生くんは規格外すぎた。想定の範囲外でした。

でも今回のマグさんの「勝ち、負け、ケガ、つらいリハビリ、この3シーズンにユヅに起きた全てのことは、彼がこれから対峙するこの巨大なプレッシャーをうまくこなすためのピース」
というサブっちの訳を読んで、すごく納得しました。
そうだ。ホントにその通りだ。この注目はマイナスではない。プラスのことなんだ。私は注目されることがプレッシャーだと思ってたけどそうじゃない。それは更なる大きなプレッシャーを受け止めて力に変えるために必要なものだったんだ!と気づけました。そして羽生くんはそういう器の人だね、間違いなく。本人はとても大変だろうけど、きっとそれを力に変えられる人だ。うん、そうだそうだ。

サブっち、読みやすくて素敵な訳をありがとう。
あいきょっち、忙しい中いつも素敵な記事をありがとう。
また来るね!

あ、エールさん!
先日の「耳キーン」の件ですが、あれは元ネタがありまして…フットボールアワー後藤の「高低差ありすぎて耳キーンなるわっ」っていう鉄板ツッコミをパロったものです…💦わかりにくくてスミマセン…。

2017/07/03 (Mon) 21:54 | EDIT | REPLY |   

花  

サブりん、あいきょちゃん、みなさん、こんばんは〜。


羽生くんにのしかかる100ポンドの重圧…。
正直、それがどれほどのものか考えつかないし、想像できない💦
でも、きっと世界で数える程の人しか経験したことがない程の重さなんだろうな…。
ソチから今まで毎日その重みを感じながら生活しているんだろうな…。
苦しいし、時には押し潰されそうになったりするんだろうな…。

だけど羽生くんは頑張って来たね。今までもこれからもずっと。
その重圧に打ち勝って来た羽生くんだから。
その先にある喜びや快感を知っているから。
うまくいかない時も、怪我をして練習が出来ない時も、どんな時だって羽生くんはいつも前向きに物事を考える。
だから応援したくなる。
もっともっと好きになる。
ニースで出逢った羽生くんよりも、もっと💕💕

サブりん、訳してくれてありがとう😊
とても素晴らしい記事だったよ。
本当にありがとう😊

2017/07/03 (Mon) 22:23 | EDIT | REPLY |   

サブリナ  

Dear sportymags♪
Thank you for your great articles.
Your article makes all Yuzu fans to be brave into this important season!
Let's hand in hand together and dokidoki!!

ななちゃん♪←もう決まりか?
コメありがとう。
そうなの、そうなの。

「持って生まれた恵まれた容姿、才能、たゆまぬ努力、そしてなんといってもその心意気!期待されるのは仕方ない立ち位置にいて、なおかつおごることなく謙虚にまっすぐに生きる羽生くん。」
容姿、才能、努力と言えば、ミーシン先生がさ、
「染色体の魔法のような結合が、感動的な労働能力によって補完され、現実離れした体質的、運動的可能性」(和訳→http://kurkuma.blog.fc2.com/blog-entry-2358.html)と言っていたけど、まさにそれよね。
惚れる、、、♡


メープルちゃん♪
コメありがとう😊
そうそう。イメトレ大事。
もう金メダルをかけて君が代を歌っている羽生君が見える。私はそんな羽生君に涙してる。
ありがとう羽生君!!
なんてことを考えてる。

エールちゃん♪
ありがとう。
そう。つまらないと思ったことは無い。
早送りした事がない。仕事にならない。(笑)
私ね、羽生君が金メダルかけてるとこしか想像できない。だから大丈夫。(笑)

ロンシャンさん♪
いつも素敵なコメントをありがとうございます。
レポも楽しく拝読しました。
オリンピックでは、喜び、達成感の涙を見れますよ。絶対に。私たちも信じてついていくだけですね。

紫音さん♪
ありがとうございます。
羽生君は本当に不思議な人です。自分の成り立ちから、どうしてもバレエ目線でフィギュアを見てしまうところがありますが、羽生君はバレエの基礎が皆無(失礼m(__)m)にも関わらず、美しい。。。
紫音さんがおっしゃるように、美しさの境地にいるのでしょう。そしてそれは、人間性、心の強さ、清らかさから来ているのだとも思っています。

ふた葉さん♪
いつもありがとうございます。
マグさん、、、たしかに、、、(笑)。あはは。
平昌は日本から近いけど、日中の開催ということもあって、私は直前までトロントで練習だと思ってますよー。仙台だと練習は夜中になっちゃうだろうし。

あいきょん♪
最近は、和訳は他の人が光の速さでやってくれるから必要ないなぁと思っていたんだけど、訳すとやっぱり深く消化できるから、やってよかったよ。

シロップ余談♪←ん?なんか漢字間違えたかしら?(笑)
あのね、2日前の「スポーツ酒場語り亭」で、藤井四段の快進撃を取り上げたの、見た?「天才の育て方」っていうテーマだったかな?若い年齢、つまり藤井四段とかね、10代で注目を浴びるのは、重圧じゃなくてむしろ褒められているというプラスの感覚なんだって。だから、若い頃から注目されて来た子は、注目されることはプラスらしい。つまり、小さい頃から注目されて来た羽生君にとっても、メディアに取り上げられたり注目されることは、重圧というよりは、「変わらずに認められてる」と思える、ということだと思う。
凡人には分からぬ境地だけど、常にナナメ上の羽生君ならやってくれるよ!!

花ちゃん♪
100トンじゃないよ、流石に( ´艸`)100ポンドね。
ほんとに、羽生君は私たちには分からない、
私たちどころか、きっと一般的なアスリートだって経験しない境地をずっと生きて来たんだと思う。
だから、強い。
大丈夫。できる、できる、できる。

2017/07/03 (Mon) 22:37 | EDIT | REPLY |   

花  

サブりん、ありがとう😊
直しておいた(笑)
これじゃ重量挙げ🏋️‍♀️の選手でも潰れちゃうよね💦

2017/07/04 (Tue) 06:34 | EDIT | REPLY |   

どら  

こんにちは。

サブリナさん、和訳ありがとうございます(^^)
いや~羽生くんの重圧を考えたら、来年の1月からもう食事が喉通らなくなりそうで、
今の内に食べておこう!って思ったよ(*_*;オイ!

パトさんハビさん優勝候補ではない。そうなのか~
ダメでも気にされない。←ここすごいwww。さすがスペイン?!
でも本人達は、もしかしたら引退を考えてそうだし、表彰台はねらってるはずだよね~
私的にはこの二人と表彰台真ん中が羽生くんだったら、もう思い残す事はないっす(;_;)

私の中では、吉田沙保里さんがこの前のOPが銀で謝ってたのが印象的で、スペインとかだったらこんなことないんだろうな、あ~日本って大変ね。。と思った次第です、、


ロンシャンさん
新潟のレポありがとうございました。コッソリ今頃スミマセン
ロンシャンさんの笑顔と幸せな涙の様子、興奮がすご~く伝わってきました!
やっぱり楽公演はいいですね~
パリ散見たかったよ~

1・2・7💨行ってきます!

2017/07/04 (Tue) 10:45 | EDIT | REPLY |   

サブリナ  

花ちゃん♪
ドンマイ♪( ´艸`)

どらさん♪←今気づいたけど、ちゃん付けできないHNだね。(笑)
全日本からドッキドキだねー。
だから、羽生君にはトロントで伸び伸びと練習してほしいよー。
ハビちゃんはまずはとにかくメダルが欲しいだろうね。私もハビちゃんには羽生君と一緒に表彰台に上って欲しいよ〜。

2017/07/04 (Tue) 12:55 | EDIT | REPLY |   

ロンシャン  

おっ~、どらさん♡、嬉しいレポ感想ありがとうございます(^^)。やっぱり楽公演は盛り上がりが違うから、いいよね(*^-^*)。

わたし来年1月以降は、羽生くんよりも、どらさんの緊張具合が心配だわ( ̄。 ̄;)。
そんなこと言っているわたしも、ドキドキドキドキするだろうけれどね。

2017/07/04 (Tue) 16:08 | EDIT | REPLY |   

Post a comment